久保社労士法人ニュース

2018年5月

速報!企業主導型保育の募集、始まりました!!

2018.05.16

おはようございます。

ようやく『企業主導型保育』の本年度募集が公開されました。

非常に制度が充実しているため、多くの企業様で取り組んでいただいておりますが、そろそろ政府の計画人数に到達が見えてきたようです。

この制度の活用をご検討の企業様は、今回の応募をおススメします!

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **

企業主導型保育事業の平成30年度の受付期間等についてご案内いたします。

★「平成30年度企業主導型保育事業の募集について」★

1.募集期間
平成30年6月15日(金)~7月31日(火)17時30分まで(期限厳守)

2.募集枠
2万人分程度

今回は、中小企業による設置が優先的に考慮されます。

さらに、共同利用の相手先が確保されている場合には更に評価されます。

私もこの制度が始まった時から中小企業様が、小さな保育所ですが、あたたかで目の行き届いた事業所に隣接する保育所の設置と運営をご支援させていただいております。

また、私の初孫が1歳になりましたがこの子も企業主導保育で、毎日、楽しく過ごしています!!

昨年度もこの制度を活用し、社員のためや地域のお子さんのために保育所を開設なさった企業様には、助成金を活用いただき喜んでいただいています。

保育事業とは、全く関係のない企業様が子どもたちと社員さんたちの安定した生活を守るために真摯に保育に取り組もうとなさる姿に、心からご支援させていただきたく思います。

この助成金は、いくらくらいもらえるのかが、わかりにくいんです。地域やいろんな条件で、細かく設定が分かれているので、説明しづらいです。

でも、誤解を恐れずに、敢えて申し上げると15人程度の小規模保育をお考えください。

保育所開設の改装費用など 約1200万と毎月の運営費が月額300万受けられるとすると初年度は、5千万近くの助成金が受けられることになります。

上記は、弊社で実際に申請をしているケースです。設備費用については、昨年は8000万まで助成されました。また、毎月の運営費についても、保育児童の年齢と人数により助成がでます。

30年度の保育事業助成要項は、後日、公表されますがおおむね、昨年度までの要綱に準じていると思っておりますので以下をご参考になさってください。 チラシをつくりましたので、ご覧下さい。 

↓   ↓ 

http://sr-kubo.biz/letter/20170429.pdf 

なお、この助成金の活用をお考えの企業様は、まず、私にご連絡ください。 

有休は労働時間?残業代は発生するの?

2018.05.07

おはようございます。

雨の連休明けとなりましたが、楽しい休暇の後は、しっかり仕事をスタートさせたいところです。

久保社会保険労務士法人 久保貴美です。

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **

さて、ゴールデンウイークを含む月は、所定労働日が少なくなりさらに、年次有給休暇をとっている社員さんがいる場合、「勤務時間や所定労働時間数って、どこまで?」と疑問が生じたりします。

そこが、はっきりしていないと、残業時間の対象かどうかも分からなくなります。

結論としては、年次有給休暇は勤務時間に含めません。「休暇=労働義務が免除される日」ですから、勤務時間ではないのです。

年次有給休暇は

◇実労働時間にはカウントしません。

でも、

◇所定労働時間にはカウントします。

(例)週休2日(土曜日と日曜日。法定休日は日曜日とします)の会社の場合。

月曜日~木曜日は8時間労働し、金曜日に年次有給休暇を取得し土曜日に8時間労働をした場合

月曜日~木曜日の4日×8時間=32時間と土曜日8時間で週40時間労働。

ですから、労働時間数としては週40時間という法定労働時間数は超えていませんが金曜日の8時間は、労働は免除されている日であるものの、所定労働時間数には含めてカウントしなければなりませんのでこの週の所定労働時間40時間については32時間の労働と8時間の有休取得で、40時間の所定労働を充たしています。

では、土曜日については、1.25の割増賃金は必要ではないものの

1.0×8時間分の休日労働分の給与の支払いは必要となります。

また、有給休暇は勤務時間に含まれないので年次有給休暇の消化促進は年間の総労働時間の削減にもつながります。

年次有給休暇は

◇実労働時間にはカウントしません。

でも、

◇所定労働時間にはカウントします。

今月の給与計算の時には、今までの支給基準を確認しながら行っていただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今週もお元気でお過ごしください!

久保社労士法人ニュース カテゴリ

解雇・残業代・労働組合・配転拒否・能力不足

助成金情報・給与体系・人事制度

会社と上司と職場のメンタルヘルス対策

日本法令情報

久保社労士法人ニュース 最新記事

久保社労士法人ニュース 月別記事

タクシー業界に強い社労士

タクシー業界の助成金、労務管理・相談

タクシー業界の助成金、労務管理・相談はどうぞご相談ください。
※東京K2パートナーズはコンサルティング業務を実施し、社労士業務は久保社労士法人が担当いたします

Facebook関連

サービス内容

顧問サービス

就業規則作成・変更

助成金申請

労務管理サポート

給与計算事務

役所対応・労務トラブル

ダウンロードツール

無料様式ダウンロード

経営者様へ

久保社労士法人ニュース

以下のフォームよりご登録いただくと「久保社労士法人ニュース」を配信します。

労務・人事・助成金など経営者、社長に役だつニュースを経営者をサポートする視点でいち早く、わかりやすく、お届けします!

メールアドレス

お名前

会社案内

久保社会保険労務士法人

所長: 久保 貴美
副所長:由田恵介

【本社】
〒660-0881
兵庫県尼崎市昭和通2-7-1
ホテルニューアルカイックビル1階

電話: 06-6482-6312
FAX: 06-6487-3960

【東京K2パートナーズ(株)】
〒134-0091
東京都江戸川区船堀3-5-26

電話:03-5628-5337

 

職場意識改善助成金の取り組み

久保社会保険労務士法人は、職場意識改善助成金の計画に沿った、残業時間短縮と有休取得を実施しています。

詳細・職場意識改善計画はこちら

SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

就業規則で仕組みづくり

メディア掲載

人事労務の問題解決Q&A誌「労務事情」(2012年11月1日号)

人事労務の問題解決Q&A誌「労務事情」(2012年11月1日号)に、所長 久保太郎の記事が掲載されました。

社会保障と税の一体改革~公的年金関連の改正点

SR 第31号

SR 第31号に、副所長 久保貴美の記事が掲載されました。

実践的売上アップ法を公開! 社長の心をつかむ売込み方