久保社労士法人ニュース

2010年5月

中小企業雇用安定化奨励金

2010.05.24

 

☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□★◇

   5月「怒涛の助成金スペシャル!!」
   

   4発目は「中小企業雇用安定化奨励金」、がっちりいきます!


   
   当初はパートさんで働いてもらっていた社員さん、

 

   優秀な方を「正社員として戦力になってくれたら・・・」

 

   こんなことありますよね!?

 

   この「中小企業雇用安定化奨励金」は、

 

   6ヶ月以上の期間雇用のパートさんについて、

 

   正社員になってもらった場合に出る助成金です。40万円です。

 

   就業規則に「正社員登用制度」をうたって、働く能力が高い人には


   ガンガン正社員として活躍してもらいましょう!

 

   さらにこの助成金は、正社員登用制度導入後3年以内に3人以上、


   正社員登用をした場合、最大10人まで、一人20万円


   が上乗せされちゃいます)!!

 

   事業展開の中で、新規出店などのタイミングの場合、


   外から人を雇うよりも、既存のパートさんに正社員になってもらった


   ほうが助成金もらえていいかもしれませんよ!

 

   


   

 

☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□   

   今回も、最後までお読みいただきありがとうこざいました!
  **************************************************************************    

    ホームページが新しくなりました!

    http://www.kaigyojuku.com
    http://sr-kubo.biz
    http://sr-kaigyobooks.com


☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□

2010年1月22日

社会保険労務士「とっておきの顧問契約獲得術」

http://www.sr-eigyobooks.com

詳細は、上記ホームページでご紹介中!

同文舘出版より絶賛発売中!

*********************************************


著書ご案内

『事例で学ぶ企業メンタルヘルス』第一法規好評発売中!!

『社会保険労務士開業法』 同文館出版

『わかる!使える!就業規則』2008年11月出版(文芸社)
 

■ニュース配信について
メールアドレスの変更・追加・削除は mailnews@sr-kubo.jp に連絡下さい。

 

休職規定例 無料レポート

2010.05.21

みなさん、こんにちわ

久保社会保険労務士法人 久保貴美です

 

メンタルヘルス対策として規定例をご希望されている方が多く

ご希望の方には、添付メールで差し上げます。

 

ぜひ、kubokimi@sr-kubo.jpへ

ご連絡ください。

 

私傷病による休業及び復職に関する規程(例)

 

(目的)

1 本規程は、従業員の私傷病による休業及び復職に関する取扱いについて定める。

(休業の開始)

2 従業員が、私傷病を原因として、本規則による休業を申し出た場合、会社は休業を命ずることができる。

2 前項の場合、本人は、別紙1の休業申請書(略)に、医師による診断書を添付して、所属長に提出する。診断書には、休業期間の見込みが記載されていなければならない。

(産業医等の面談)

3前条の規定による申請が行われた場合、会社は、申請者に対し、産業医(又は人事労務管理者)との面談を命ずることができる。

(休業の最長保障期間)

4 同一の私傷病による休業の期間は、入社後3年以内の者にあっては3カ月、入社後3年を超える者にあっては6カ月を超えることができない。

2 復職後、6か月を超えて連続勤務(会社の休日及び事前に申請し又はやむをえない突発的な理由による有給休暇を除く)した場合、それ以前の休業期間は、最長保障期間

に算入しない。

(休業期間中の配慮)

5 会社は、休業中の従業員に対し、産業医(又は保健師)による定期的な面接を実施する。ただし、本人の主治医が、これを好ましくないと判断する場合はこの限りで

はない。

2 会社は、公的な支援体制について情報を提供する。

3 会社の心の健康相談窓口は、休業中の従業員及びその家族も利用可能とする。

4 会社は、必要があると認める場合、本人の同意を得た上で、

産業医に主治医との意見交換をさせる。

5 前項の場合において、会社は主治医に対して、職場復帰時に本人に求められる業務の内容その他について情報の提供を行い、復職診断書を提出する際の参考とする。また、費用は会社が負担する。

(復職委員会)

6 復職委員会は、休業した従業員の復職にあたって、復職の適切な判定並びに円滑な職場復帰を目的として設置する。

2 復職委員会は、以下の者から構成し、○○部長が委員長となる。(例:○○部長、○○課長、産業医、人事労務担当者、産業保健スタッフ、管理監督者 等)

3 復職委員会では、職場復帰の可否の判断、職場復帰支援プランの作成、復職後の支援等の業務を行う。

(復職の手続きの開始)

7 復職の手続きは、休業している従業員が、別紙2の復職申請書(略)に、医師による復職可能であるとの診断書を添付して、所属長に申し込んだ場合に開始する。

2 前項の申請受領後、会社は速やかに復職委員会を開催し、以下の事項について決定する。

一 復職者に関し、どのような情報を誰から得るか

二 情報の収集の時期及び担当者

三 本人の面談の時期

(情報の収集)

8 会社は、前条の規定による復職委員会の開催後、本人に対し以下の確認を行う。

一 復職の意思の最終確認

二 日常の生活状況及び治療の状況の確認

三  前条の復職委員会において決定した本人の健康情報収集にあたって本人の同意の確認

2 会社は、前項第三号に定める本人の同意が得られた範囲内において、健康情報を収集する。この場合において、主治医から健康情報を得る場合には、産業医が行い、必

要な範囲で加工した上で○○部へ提出する。

3  収集した健康情報は、○○部が集中して管理する。

(試し出勤等)

9 ○○課長は、第7条第1項の規定による復職の意向を申し出た従業員に対し、通勤訓練を行い、その結果を報告することを勧奨することができる。なお、○○課長は産業医を通して、主治医に運転の可否について聴取し、主治医が自動車の運転を危険とした場合は自動車による通勤訓練(及び職場復帰後の自動車通勤)は認めない。

2 前項の通勤訓練は、試し出勤ではない。

3 ○○部長は、必要と認める場合には、第6条の規定により職場復帰の手続きを開始する従業員に対し、試し出勤を命じることができる。

4 試し出勤は、原則として元の職場で行うものとし、産業医が必要と認める範囲において、労働時間の短縮、仕事上の配慮など、本来の業務からの軽減を行うことができる。

5  試し出勤中は有給とし、交通費を支払う。

(情報の評価と職場復帰の可否の判断)

10 ○○部長は、健康情報の収集後、復職委員会を開催し、以下の事項について審議を行う。

    本人面談の結果、試し出勤等の結果その他の収集した健康情報に対する評価・検討(この場合、資料としては、評価に必要な範囲で○○課が加工したものを用いる。)

   職場復帰の可否についての判断

   元の職場からの異動、業務の変更等の必要性及び可否についての検討

   第2号で職場復帰が可と判断された場合、職場復帰支援プランの作成

(職場復帰の決定)

11 ○○課長は、前条の復職委員会の後、速やかに該当従業員を産業医に面接させる。産業医は、主治医の診断書その他の健康情報を勘案し、本人の状況を確認して、「職場復帰に関する意見書」を作成し、○○部長に提出する。

2 ○○部長は、第9条の復職委員会の検討結果及び前項の「職場復帰に関する意見書」を確認し、速やかに、職場復帰の可否及び職場復帰支援プランについて決定し、該当従業員に通知する。

(職場復帰後の就業上の配慮等)

12 会社は、職場復帰後、一定の期間に限定して就業上の配慮を行うことができる。この期間は必要に応じ延長できる。

2 復帰する職場は、原則として元の職場とする。ただし、復職委員会が第10条第3号の規定により元の職場に戻すべきではないとし、かつ○○部長が認めた場合はこの限りで

ない。

3 就業上の配慮の内容は、以下のものとし、それぞれの適用の有無及び適用期間は、休職・復職委員会が事案ごとに原案を作成し、○○部長が決定する。

  短時間勤務

  軽作業や定型業務への従事

  残業・深夜業務の禁止

  出張制限

(顧客との交渉・トラブル処理などの出張、宿泊をともなう出張などの制限)

  交替勤務制限

  業務制限

(危険作業、運転業務、高所作業、窓口業務、苦情処理業務等の禁止又は免除)

  フレックスタイム制度の制限又は適用(ケースにより使い分ける。)

  転勤についての配慮

4  復職委員会においては第6条に定めるもののほか、以下のことを行う。

  勤務状況及び業務遂行能力の評価

  職場復帰支援プランの実施状況の確認

(フォローアップ)

13 会社は、第12条の配慮を行っている間、該当従業員に対し、定期的に産業医による面談を行う。

2 面談においては、以下のことを行う。

  疾患の再燃・再発、新しい問題の発生等の有無の確認

  勤務状況及び業務遂行能力の確認

  職場復帰支援プランの実施状況の確認

  治療状況の確認

3 所属長は、産業医による面談の必要性があると認めるときは、該当従業員に産業医による面談を命ずる。

(プライバシーの保護)

14 職務上、他の従業員の個人情報を取り扱い、又は知り得る者は、その情報を、上司又は権限のある者からの指示なく、他に漏らしてはならない。

2 職務上、他の従業員の個人情報を取り扱う者は、別途定める機密文書取扱い規程(略)に基づいて取り扱わなければならない。

(主治医・家族等との連携)

15 主治医、家族その他社外の者からの情報収集又は情報提供は、原則として本人の同意を得てこれを行う。

2 主治医、家族その他社外の者からの情報収集に当たっては、その使用目的に同意を得た上で行い、その目的以外に使用しない。

3 主治医との情報交換は、原則として○○部長の指示により産業医が行う。産業医は、主治医から得た情報は、社内の各部署が必要とする範囲で適切に集約・整理して伝える。

4 産業医は、主治医の治療方針に問題があると考えるときは、該当従業員に対し、他の医師の意見を聴くことを勧めることができる。ただし、本人に対する強制力を持つものではない。

 

 

付     則

 

 

本規定は平成22年6月1日より実施する

 

中小企業基盤人材確保助成金

2010.05.16

   
   皆様、 5月も後半に差し掛かってきましたね。


   皆様の会社では、夏に向けて新しい事業展開がありますか?


   もしあるなら、今回のメルマガ、ぜーーーったい読んでください!

☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□★◇

   5月「怒涛の助成金スペシャル!!」
   

   3発目は「中小企業基盤人材確保助成金」、これいってみます!


   
   これは新規の創業や異業種へ進出といったいわゆる「立ち上げ」時期に、

 

   その新規事業の経験者を雇用するときに出る助成金です。

 

   その額一人あたりなんと140万円!

 

   さらにその経験者(=「基盤人材」っていいます)の部下にまで

 

   一人30万円でますからね!!

 

   経験者2人、部下を2人雇ったら

 

   それだけで340万円です。デカイ!!

 

   要件としては、創業や異業種進出について

 

   250万円以上の設備投資をしていること、

 


   あとは基盤人材の人のお給料を月額30万円程度にしてもらうことです。

 


   新規事業といってもそう仰々しく考えなくていいんです。

 

   例えば同じ物件をパーテーションで二つに区切って、

 

   そっちで機械を入れて新規事業始めました!これでもいけたりします!

 


   
   夏に向けてアイスクリーム屋さん始めるとか、ありませんか(笑)?

 


   ご不明な点は久保社会保険労務士法人までお尋ねくださいね!!


   

   

 

 


☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□   

   今回も、最後までお読みいただきありがとうこざいました!
  **************************************************************************    

    ホームページが新しくなりました!

    http://www.kaigyojuku.com
    http://sr-kubo.biz
    http://sr-kaigyobooks.com


☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□

 

派遣労働者雇用安定化特別奨励金!

2010.05.10

   おはようございます。


   久保社会保険労務士法人です!


   ゴールデンウィークはいかがでしたか?


   きっと充実した毎日だったです・・よね!?


   でも気がつけば5月上旬終わりですよ!早い!


   さ、気を取り直してハリキッテいきましょう!!

☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□★◇

   5月「怒涛の助成金スペシャル!!」
   

   2発目は「派遣労働者雇用安定化特別奨励金」、これいきます!



   この助成金も、今年度いっぱいの「大盤振る舞い」助成金ですよ!



   一時騒がしく言われていた「2009年問題」って覚えています?


   
   派遣期間3年を超えてしまって、大量の派遣労働者が派遣切りに



   なるんじゃないかっていうアレです。


  
   この助成金は、半年を超えて受け入れていた派遣労働者を



   正社員として雇うことで出ます。大企業で50万円、



   中小企業でなんと100万円!!です。



   会社としては、優秀な従業員さんに今までと同じように


   
   働いてもらえばいいのに、



   おまけに助成金までもらえるなんて・・・!



   何度もいいますが、この助成金も平成24年3月31日までの



   期限付きですからね!



   

 




☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□   

   今回も、最後までお読みいただきありがとうこざいました!
  **************************************************************************    

    ホームページが新しくなりました!

    http://www.kaigyojuku.com
    http://sr-kubo.biz
    http://sr-kaigyobooks.com


☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□

若年者等正規雇用化特別奨励金!

2010.05.05

    おはようございます。


   久保社会保険労務士法人です!


   ゴールデンウィークですね!


    みなさまは、どこかへお出かけされてますか?


   それとも「連休なんてカンケーないぜ!うおーー!!」と


   お仕事されていますか(笑)。


   いずれにせよ、思いっきり人生楽しんでいきましょうね!

 

   5月からのKリーダーは「怒涛の助成金スペシャル!!」です。


☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□★◇


   1発目は「若年者等正規雇用化特別奨励金」、これを敢えていきます!

 

   若年者・・・?って何?


   漢字だらけだしようわからんわっ!と言いたくなりますが、


   要は「フリーターさん」のことなんです。


   ①ハローワークに「フリーター受け入れいいですよ!」という


   求人を出して、

 

   ②応募してきた人が良かったら正社員として採用

 


   たったこれだけです。

 

   たったこれだけで100万円ですよ!!すごい!

 


   フリーターさんとは、

 

   25~40歳で、1年以上雇用保険に入っていなかった人のこと、

 

   もしくは内定取り消しに会った人でもOK!

 

   雇用保険1年入っていないって、結構ありそうですよね!

 


   でもこれ、事後申請はNGなんです!

 

   だからお願いします(笑)、「若年者等正規雇用求人」って


  
   ハローワークに言ってください!急いで!

 

   だって、この助成金、今年度限りなんですもの・・・
 

 

 


☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□☆★◇☆★□   

   今回も、最後までお読みいただきありがとうこざいました!

久保社労士法人ニュース カテゴリ

解雇・残業代・労働組合・配転拒否・能力不足

助成金情報・給与体系・人事制度

会社と上司と職場のメンタルヘルス対策

日本法令情報

久保社労士法人ニュース 最新記事

久保社労士法人ニュース 月別記事

タクシー業界に強い社労士

タクシー業界の助成金、労務管理・相談

タクシー業界の助成金、労務管理・相談はどうぞご相談ください。

Facebook関連

所長久保太郎のFacebook

サービス内容

顧問サービス

就業規則作成・変更

助成金申請

労務管理サポート

給与計算事務

役所対応・労務トラブル

ダウンロードツール

無料様式ダウンロード

経営者様へ

久保社労士法人ニュース

以下のフォームよりご登録いただくと「久保社労士法人ニュース」を配信します。

労務・人事・助成金など経営者、社長に役だつニュースを経営者をサポートする視点でいち早く、わかりやすく、お届けします!

メールアドレス

お名前

会社案内

久保社会保険労務士法人

所長: 久保 太郎
副所長:久保 貴美

〒660-0881
兵庫県尼崎市昭和通2-7-1
ホテルニューアルカイックビル1階

電話: 06-6482-6312
FAX: 06-6487-3960

職場意識改善助成金の取り組み

久保社会保険労務士法人は、職場意識改善助成金の計画に沿った、残業時間短縮と有休取得を実施しています。

詳細・職場意識改善計画はこちら

SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

就業規則で仕組みづくり

メディア掲載

人事労務の問題解決Q&A誌「労務事情」(2012年11月1日号)

人事労務の問題解決Q&A誌「労務事情」(2012年11月1日号)に、所長 久保太郎の記事が掲載されました。

社会保障と税の一体改革~公的年金関連の改正点

SR 第31号

SR 第31号に、副所長 久保貴美の記事が掲載されました。

実践的売上アップ法を公開! 社長の心をつかむ売込み方