久保社労士法人ニュース

会社と上司と職場のメンタルヘルス対策

都議のセクハラやじに学ぶリスク対策!

2014.06.30

おはようございます。 


昨日も、東京では豪雨で交通網も混乱したようですが 

それにしても、不安定な天候がつづきますね。 


東京都議会議員のセクハラやじについては 

その対応のまずさで、日に日に問題が拡大しているというのに 

渦中の他人も都議も、そんな話に広がるの?という感じだったようですね。 


◇「まだ子供を産まないの?」 

◇「女は結婚してこそ幸せなんだよ」 

こういった発言は、セクハラの典型例としてNGであることを 

議員の先生ともあろう方が、ご存じないのか、意識がないのか。 

たとえご自分の会社でも、いつもと同じ調子でしていたことが、 

今の社会の中では、許されない「問題発言」となるリスクは高まりつつがあります。 


自分でもわかってて、気にしていることを、人様からあからさまに指摘されたら 

今までは苦笑しながら聞き流していたようなことでも 

今回はとばかりに、今までの恨みを全部ぶつけてくることがあります。 

セクハラの範疇にはいる発言は、特に大噴火するときがあります。 

どうだこうだと言ったところで、まだまだ「男社会」の部分があります。 

企業の女性役職者の割合にしても、女性議員の割合にしても低いですよね。 

それが日本社会の現状です。現状は誰もわかっています。 

他人に対し「言っていいこと」と「言ってはならぬこと」があります。 


◆まだ結婚しないの? 

◆まだ子供は作らないの? 

◆早くお嫁に行け 

◆女子社員は若い方がいい 

◆女らしくない 

◆ウチの女の子 

◆おばちゃん 

◆ばばあ 

◆ブサイク 

◆女なんだから、ほどほどに 

◆最近太ったんじゃない? 

◆こわい女だなあ       などなどなど。 



女性社員たちは今までの不愉快な言動を笑って許していたのではありません。 

いつか、チャンスをみて爆発させるつもりで、忘れることなく備えています。 


セクハラに対するリスク対策として、社員教育が必要な社会になりました。 

そんなことくらい、常識で判断できるだろうというものではなくなりました。 

また、問題が発生した時に、会社としてどう対応するか? 

問題解決のための相談窓口など、社外に設け、周知するのも良いと思います。 


ご相談、教育研修のお申し込みは久保社労士法人へどうぞ。 

通勤に自転車利用の社員さんにも通勤規定を。

2014.02.03

おはようございます

2月に入り、厳しい寒さの中にも

「梅の花」や「菜の花」の時期になりました。

寒い毎日ですが、お元気でお過ごしでしょうか?


~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆


★自転車通勤者には、必ず賠償損害保険を★


社員の健康維持につながるとして

自転車通勤者に月2万円の手当を支給したり

駐輪場を確保したりする企業も出てきました。

かつて、自転車というと

バスや電車がない地域で利用されていましたが

今では、東京のオフィス街で働く人にも活用され始めました。


ところで、我々社労士事務所が受ける連絡で

困ってしまう。。。ケースになることが多いのが

▼通勤途上の自転車と自転車の事故

▼通勤途上の自転車と歩行者の事故 です。


『事故の相手が車』だと

大変でしたね~。大丈夫ですか?となりますが

『事故の相手は自転車』だと

まあ、大丈夫でしょ。という雰囲気になります。

確かにケガの程度がヒドイのは、車の事故ですが

厄介なのは、自転車の事故です。


相手も通勤途上であれば

お互いに『労災保険の通勤災害適用』となり

治療費も国が補償してくれますが

なかなかそうはいきません。


むしろ、事故の相手も通勤途上の方が少なく

相手が、主婦や学生ということが多いからです。


たとえ、相手が健康保険に加入していても

自転車とぶつかってケガをしたとなると

立派な『第三者行為事故』です。

つまり、ケガをさせた人が治療費等を負担します。


先週、4700万の損害賠償を認める判決がありました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

東京地裁は、東京都大田区の横断歩道を歩行中、

赤信号を無視し自転車にはねられ死亡した主婦に対し

自転車の男性(46才)に4700万円の支払いを命じました。

また、自転車の人身事故では

昨年7月、神戸地裁が9500万円の支払いを命じています。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  


このような大きな額の損害賠償は別としても

自転車事故の相手から、200万、300万の

治療費の請求を受けたという通勤災害のご相談が激増しています。


【こうすれば安心!自転車通勤規定!】

企業のリスク対策として

『マイカー通勤規定』や『就業規則』において

◆自宅から会社

◆自宅から駅 等、

必要により通勤時に自転車の利用を希望するものは

会社が定める保険加入等の要件をみたし

許可を受けたものでなければ

通勤時の自転車利用は一切認めない。

また、これに違反し、事故が発生した場合は

会社はその一切の責任を負わない。という旨の

規定を備え付け、周知し、徹底してください。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

フェイスブックで「売上アップ」「学卒求人」セミナー

2014.01.14

セミナー参加をご希望の方は、お電話かもしくは下記パンフレットを印刷後、Faxにてお申し込みください。

パンフレットはこちら

今年の健康診断はおすみですか?

2013.11.18

おはようございます。



紅葉がきれいな時期になりました。

11月も後半となり、この時期、

定期健康診断をなさる企業さまも多いときです。

今では、労働基準監督署や年金事務所の調査では

必ず、確認される事項に定期健康診断の実施があります。


健康診断の実施義務については

事業者は使用する従業員に対して

医師による健康診断を実施しなければならないと規定されおり

また、労働者に対しても

健康診断を受けなければならない。と規定しています。

したがって、

会社は健康診断を受けない従業員に対して

業務命令として健康診断を受けるように命じることは問題ありません。


会社には、安全配慮義務があります。

もし、健康診断を受診しない従業員をそのまま放置し

潜んでいた病気が原因となり労働災害が発生した場合には

相当の補償を請求される可能性があります。


また、潜んでいた病気が直接的な原因でなくても、

高血圧の従業員に対して、高所作業を命じたところ

ふらついて転落した場合など、

本人が検診を拒否したとしても

高血圧の従業員に労働強化を行ったということで

安全配慮義務違反に問われる可能性などリスクが高まります。


これら検診を拒否する従業員に対し

就業規則に基づき懲戒処分を行い、記録として残す場合もあります。


なお、健康診断の結果、

「異常あり」と診断された労働者に対しては

労働強化を行わないように注意し

再検査など、病院に行くように文書で通知し、記録を残しておきましょう。


◆健康診断の受診に要した時間の賃金支払いについて◆

【一般健康診断の場合】
その受診に要した時間の賃金を事業者が支払うことが望ましい。
(昭和47年9月18日基発第602号)

【特殊健康診断の場合】
 所定労働時間内に行なわれるのを原則とし、
 また、特殊健康診断の実施に要する時間は労働時間と解され
 健康診断が時間外に行なわれた場合には
 当然割増賃金を支払わなければならない。
(昭和47年9月18日基発第602号)






では、今週もお元気でお過ごしください。

叙勲のご報告とお礼を申し上げます

2013.11.04

おはようございます。



昨日、秋の叙勲受章者の発表が行われ

所長の久保太郎が

【旭日小綬章】を拝受させていただくこととなりました。


長年にわたる皆様のご支援、ご鞭撻の賜物でございます。

心よりお礼申し上げますとともに

謹んでご報告申し上げます。


このたび、民間からの受章であり

また、現役で仕事を続けている者としての受章となりました。

この受章は、所長がご支援させていただいております

中小企業の顧問先の皆様方に対し

厚生労働大臣認可の労働保険事務組合というものを組織し

労災保険・雇用保険など労働保険の分野においての

長年の功績に対し、栄に浴することとなりました。



私どもは、ただ、ただ、社労士をしております。

社労士法が制定されまして、今年が45年でございますが

弊社所長の社労士業は、まさにその45年でした。

社労士の中には、他士業や保険代理店などと兼業し

むしろ、社労士が副業的な方も多くいらっしゃった中で

社労士業務だけに専念し

また、顧問先社長のご負担が少しでも楽になればと

労働保険事務組合という認可団体を構成し

経営者様ご自身の労災加入などでご支援してまいりました。


このたびの受章は、日々、私どもの社労士業務の中で

ご支援、ご鞭撻いただいている経営者の皆様方のおかげであることを

心より感じ、深く深く感謝申し上げます。


所長にとって、叙勲はひとつの目標でもありましたが

【旭日小綬章】という大変重い受章となり夢のようです。



なお一層研鑽し精進し、社労士業務に邁進したいと存じます。

今後ともご指導、ご鞭撻をいただきますよう

心よりお願い申し上げ、

このたびの叙勲のご報告とお礼とさせていただきます。

本当にありがとうございました。

 

人はいいけど、口が悪い社長なんていない…

2013.08.12

おはようございます


夏季連休の企業様も多く

電話が少なくなる一週間になりそうです。



~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ *


若い世代の社員さんとのコミュニケーションが
すれ違いやすくなってきています。

『仕事の9割は世間話』
『誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール』

こんな話し方マニュアル本が大ヒットする一方
◇自分の関心や仕事に直結しない上司や先輩の話は聞き流す
◇なぜ、仕事と関係ない話にまでいちいち返事をしないといけないのか
という社員も増えています。

 
また、現代っ子世代の環境は
メールを中心に意思疎通をするようになったため、
用件だけのやり取りに違和感がないようです。


こんな職場環境の中で、パワハラが増えています。
パワハラの9割は、「言葉の暴力」です。


~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ *


よく聞くフレーズですが

「オレ、口は悪いけど、気はええねんで~」と

自分でおっしゃる社長がいらっしゃいます。



でも、果たしてそうでしょうか?

本当に「気の優しい社長」から発せられる言葉は

言葉も優しさであふれています。

『言葉遣いが乱暴』と『口が悪い』はまったく違います。



口が悪い社長は、

他人から言われたくないことでも

ズケズケ言い放ち、笑いでごまかす社長です。

まして、それが身体的なことであれば

パワハラ、セクハラと非難されるのは当然であり

言葉の暴力そのものです。


「オレ、口が悪くてごめんね~」と言われても

一方的に言われた方としては

ごめんね~では済ますことなどできない!と

いずれ、必ず、やり返す!

『倍返しだ~!!』と思っている社員もいて当然です。



これからの経営者、社長、管理者であれば

より一層、相手の受け止め方を考えてから

自分の言葉のあり方、伝え方を考えなければなりません。


パワハラ、セクハラにまつわるトラブルは増え続けています。

ほとんどが、言葉の暴力です。

暑気払いの宴席でも十分にご注意ください。





では、今週もお元気でおすごしください!

有給休暇 管理表

2013.02.02

有給休暇の管理表を作成いたしましたので、ご紹介いたします。

久保社労士法人ニュース カテゴリ

解雇・残業代・労働組合・配転拒否・能力不足

助成金情報・給与体系・人事制度

会社と上司と職場のメンタルヘルス対策

日本法令情報

久保社労士法人ニュース 最新記事

久保社労士法人ニュース 月別記事

タクシー業界に強い社労士

タクシー業界の助成金、労務管理・相談

タクシー業界の助成金、労務管理・相談はどうぞご相談ください。

Facebook関連

所長久保太郎のFacebook

サービス内容

顧問サービス

就業規則作成・変更

助成金申請

労務管理サポート

給与計算事務

役所対応・労務トラブル

ダウンロードツール

無料様式ダウンロード

経営者様へ

久保社労士法人ニュース

以下のフォームよりご登録いただくと「久保社労士法人ニュース」を配信します。

労務・人事・助成金など経営者、社長に役だつニュースを経営者をサポートする視点でいち早く、わかりやすく、お届けします!

メールアドレス

お名前

会社案内

久保社会保険労務士法人

所長: 久保 太郎
副所長:久保 貴美

〒660-0881
兵庫県尼崎市昭和通2-7-1
ホテルニューアルカイックビル1階

電話: 06-6482-6312
FAX: 06-6487-3960

職場意識改善助成金の取り組み

久保社会保険労務士法人は、職場意識改善助成金の計画に沿った、残業時間短縮と有休取得を実施しています。

詳細・職場意識改善計画はこちら

SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

就業規則で仕組みづくり

メディア掲載

人事労務の問題解決Q&A誌「労務事情」(2012年11月1日号)

人事労務の問題解決Q&A誌「労務事情」(2012年11月1日号)に、所長 久保太郎の記事が掲載されました。

社会保障と税の一体改革~公的年金関連の改正点

SR 第31号

SR 第31号に、副所長 久保貴美の記事が掲載されました。

実践的売上アップ法を公開! 社長の心をつかむ売込み方