久保社労士法人ニュース

会社と上司と職場のメンタルヘルス対策

来年1月からは、マタハラ防止が義務化されます

2016.12.12


おはようございます 

久保社会保険労務士法人 久保貴美です。 

Xmasや忘年会のシーズンになりました。 

今年も残り少なくなり、来年を迎える準備が進められています。 


さて、育児休業をしても、雇用保険から給与の補てんがあるという制度ができて 

20年が経ちましたが、社会的にはかなり「育児休業」が定着したと思います。 

でも、「育児休業をとる」と社員が申し出をしても 

「良かったね~。どうぞどうぞ」とニコニコと言ってもらえる 

そんな社会風土づくりは、まだもう少し、努力が必要なようです。 

その努力の一端は、事業者に対し、課せられています。 

来年1月から、「マタニティーハラスメント防止」の義務化です。 

厚生労働省は、企業が雇用管理上講ずべき措置を盛り込んだ指針を公布しました。 

セクハラについては同様の制度がすでに明示されており、 

このたび新たにマタハラに関する防止措置が追加されました。 

そして、2017年1月1日から、 

企業は指針に従い【マタハラ防止措置】を講じなければなりません。 

指針の具体的な内容として、 

マタハラ防止のための望ましい企業の対応方法が次のように示されています。 


○事業主のマタハラ、育児休業等のハラスメント対策の方針の明確化、周知・啓発 

○マタハラ、育児休業等に関するハラスメントの相談に応じ、 
適切に対応するために必要な体制の整備 

○マタハラ、育児休業等に関するハラスメントにかかる事後の迅速かつ適切な対応 

○相談者・行為者等のプライバシー保護に関する措置を講じ、周知すること 




とにかく、ハラスメントが起こりうる背景を解消する職場づくりが 

企業に求められているというものです。 

人員に余裕のない職場では、マタハラは起こりやすいとされています。 

どことも、余剰人員をかかえて運営をしているわけではないですが 

互いに配慮しあえる環境や雰囲気づくりが必要です。 


経営者ひとりひとり、そして企業をささえる社員ひとり一人、 

人として成長することが、企業を成長させることでしょうね。 

経営者も、いろなんことにイラっ!イラッ~!!としますが 

がんばっていきたいと思います。 






では、今週もお元気でおすごしください。 

最新版、ストレスチェック厚労省から無料配布スタート!

2016.07.04

7月に突入です。今月は「海の日」があり、来月は「山の日」ができました。 

夏休みモードに入ってくる時期となりました。 

いつも、お世話になります。久保社会保険労務士法人 久保貴美です。 

50人以上の事業所においては、ストレスチェックが義務化されましたが、 

なかなか、運用が定まりきらないお会社も多いように思います。 

そんな状況にあわせ、6月下旬に、無料ダウンロードサイトとして 

「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」が公開されました。 


↓   ↓   ↓ 


http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/ 



平成27年12月より施行のストレスチェック制度は、 

定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、 

本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促し、 

個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させるとともに、 

検査結果を集団的に分析し、職場環境の改善につなげる取組です。 

以下の内容が盛り込まれています。 

◇ストレスチェック制度簡単導入マニュアル 

◇ストレスチェック制度導入ガイド 

◇労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル(28年4月改訂)) 

◇労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル」の改訂ポイント 

◇ストレスチェック制度説明資料(PDF:1,855KB) 

◇数値基準に基づいて「高ストレス者」を選定する方法(PDF:659KB) 

◇情報通信機器を用いた面接指導の実施について(PDF:91KB) 

◇ストレスチェック制度 Q&A(PDF:251KB) 

【実施ツール】 

◇職業性ストレス簡易調査票(57項目)(Word:50KB) 

◇職業性ストレス簡易調査票(57項目)(英語版)(平成28年6月修正) 


ぜひ、ご活用ください。 


今週も、お元気でお過ごしください。 



最後までお読みいただきありがとうございました。 

ストレスチェック義務化に向けて

2015.08.12

暑中お見舞い申し上げます。おはようございます。 

今年は、本当に暑い日が続いており、今週はお盆休みの企業様も多いと思います。 


今年12月1日から施行されるストレスチェック制度は、 

メンタルヘルス対策の充実・強化等を目的として 

従業員数50人以上の全ての事業場に実施を義務付けられました。 

年1回は従業員全員のストレスの状況をチェックし 

医師の面接指導に基づいて業務を続けることが難しいと企業が判断したときは、 

◇配置の転換 

◇勤務時間の短縮等をしなければならないものです。 

職場におけるメンタルヘルス対策は、この10年ほど前から 

「自殺」や「職場のいじめ」への対策が求められてきたものの 

なかなか、お願いベースでは事が進まず、いよいよ義務化されたものです。 

とはいえ、経営者にとっては「なんじゃそれ~っ」という感じも強いと思います。 

ストレスチェックの実施を義務化した大きな目的は一次予防です。 

労働者のメンタルヘルスの不調を未然に防ぐことが最大の目的です。 

さらにストレスの原因となる職場環境の改善につなげることも目標となっています。 


▽そんなこと、やってらんない~  と言うお気持ちの一方で 

▽明るく元気な社員たちでなければ、何も成果が出せない  

ということは、政府に言われるまでもなく、最もご理解いただいているのが 

経営者や組織の上司の皆さんであると思います。 


制度の義務化は、今年の12月からですが、 

夏休みが明けて、12月までの間に、御社で体系づくるべき 

メンタルヘルス対策をお考えいただき、具体化していただければと思います。 


厚生労働省からも制度のパンフレットがでましたので、ご参考になさってください。 

 
↓   ↓   ↓ 


http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/pdf/150709-1.pdf 



では、今週もお元気でお過ごしください。 


最後までお読みいただきありがとうございました。 

マタハラって、どこまでがマタハラ?

2015.06.29

おはようございます。 

もうすぐ、夏ですね。お元気でお過ごしですか? 



先週のニュースで「会社からマタニティハラスメントを受けた」と 

訴える女性たち5人の記者会見を、何度も放送されるのを見ました。 

◇妊婦として扱うつもりはない。一生懸命やらなければやめてもらう。 

◇あなたの家庭環境なんて知らない。自分でなんとかしなさい。 

◇法律的に(会社側の)子育ての配慮は3歳で終わっている。 

◇子どもが3歳になった途端、長時間不規則な勤務の職場に異動を命じられた。 

◇給料明細に「育児を優先してください」と紙を入れられた・・・というものです。 


セクハラに始まって、パワハラも社会的に認められるようになりましたが 

妊娠、出産、育児、子育て期の女性社員への職場での対応に 

上司、会社として、非常に気をつけなければならない社会になってきました。 

今までのフツーの感覚で、妊娠、出産、育児、子育てをとらえて、ものを言うと 

とんでもないハラスメントといわれる可能性があります。 

それは、男性社会であったり、出産や育児に理解がない社会であることに対し 

今まで多くの女性たちが、悔しい思いをしつつ、ガマンし乗り越えてきたことです。 

もう、女性たちは黙っていません!我慢しなくていいんです! 

その意識の芽生えは、すさまじい勢いがあります。 

でも、たくさんの悔しい思いをしつつ、子育てを終えた私でさえ 

妊娠、出産、育児、子育てを言い訳に、無責任な仕事の仕方でも許されると 

勘違いしているような女性社員を、ときどき見かけるようになりました。 

私でさえ、そう感じるのですから、男性の会社経営者や上司であれば 

「何をあまえてるんだ~!」 

「ふざけるな!」 

「できないなら、やめてしまえ!」と思うこともあると思います。 

そんな時は、目を閉じて、深呼吸をして、じっくり考えてから口にしてください。 

今の時代、この世の中、 

「もう、そんなことを言ってはダメなんだ~」ということを思い出してください。 

だって、会社には社員に対する「安全配慮義務」があるからです。 

会社は、社員の配偶者等の家族の状況や職場周辺における育児サービスの状況等 

諸般の事情を総合的に勘案し, 個別具体的に判断すべきものであるとされています。 

そして、この配慮は妊娠中や育児休業期間中のみで終わるものではなく、 

3歳に達しても、小学校に入るまでは配慮が求められる場合もあります。 

ただし、育児や子育てを理由すれば、「いい加減な仕事の仕方でも許される」と 

勘違いしている女性社員がいるなら、それは違います! 

仕事をする以上、職務を忠実に行う信義則があります。 

「会社及び従業員は、労働契約を遵守するとともに、信義に従い誠実に、 

権利を行使し、及び義務を履行しなければならない」というものです。 

会社が社員に対し、多くの義務と責任を負う一方で 

社員さん達にも、労働契約を交わし、仕事をすると言う契約を遵守すべきことは、 

契約の一般原則です。約束したことは、当然守らなければなりませんよね。 




では、今週もお元気でお過ごしください。 


最後までお読みいただきありがとうございました。 

職場のストレスチェックは今年12月からスタートします

2015.05.11

おはようございます。 

 

新緑の心地よい季節になりました。いつも、お世話になります。 

 

久保社会保険労務士法人、久保貴美です。 

 

 

 ~ * ~ *  ~ * ~ *  ~ * ~ *  ~ * ~ * 

 

職場で、メンタルヘルスチェックをすることが義務化され 

 

平成27年12月より施行のストレスチェック制度となりました。 

 

これは、定期的に社員さんのストレスの状況について検査を行い、 

 

本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促し、 

 

個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させるとともに、 

 

検査結果を集団的に分析し、職場環境の改善につなげる取組です。 

 

 

 

実際に職場でストレスチェックを行うと言っても 

 

どの程度のことをすればいいのか・・・?とご質問も多くいただいてましたが 

 

5月7日に厚生労働省のホームページに 

 

【労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル】が 

 

新情報としてアップされましたので、ご参考になさってください。 

 

↓  ↓  ↓ 

 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/ 

 

 

この中にも示されていますが 

 

ストレスチェックの実施にあたっては、 

 

以下の点に特に留意して取り組むことが求められます。 

 

<安心して受検してもらう環境づくりに努めること> 

 

ストレスチェックの結果は、各社員さんの同意がなければ 

 

事業者に提供してはならないことや、守秘義務や 

 

労働者のプライバシーへの配慮を踏まえる必要があります。 

 

 

また、ストレスチェックにおいて、 

 

社員さんが自身の状況をありのままに答えることのできる環境を整え 

 

安心して答えられる環境でなければ意味がありません。 

 

また、検査を受ける受検者以外の方にも配慮が必要です。 

 

例えば、ストレスチェックを受けた所属の責任者にとっては、 

 

その結果は責任者としての人事労務管理・健康管理能力の評価ともなりうるもので 

 

所属の責任者に影響が生じるおそれにも配慮する必要があります。 

 

このような点をふまえ、ストレスチェックの環境を整えないと、 

 

高いストレスの状況にある社員さんがそのまま放置されることにもなります。 

 

 

これらの点も踏まえ、職場環境を整え、就業規則の改定なども必要になってきます。 

 

 

数年にわたり、検討されてきた『職場のストレスチェックの義務化』が 

 

今年12月からスタートします。 

 

それに向け、少しずつ、準備をお始めいただければと思います。 

 

 

詳しくは、下記サイトをご覧ください。 

 

↓   ↓   ↓ 

 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/ 

 

 

 

今週もお元気でお過ごしください。 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。 

日経新聞から取材を受け、記事にしていただきました!

2015.02.23

おはようございます。 

久保社会保険労務士法人 久保貴美です。 

寒さの中にも、春が近づいていてることを感じるこの頃です。 

いつもお世話になり、ありがとうございます。 

先日、日経新聞の記者さんから取材の申し込みがあり 

『逆セクハラ』について、いろんな働く中での注意をお話ししました。 

◆「男だから、頑張って」は部下へのセクハラ?・・・ 

セクハラというと男性から女性に対してするものと思われがちだが 

法的には、女性から男性だけでなく、同性同士でも当てはまります。 

ただ、何が、どんな言動がセクハラに当たるのかという認識が薄いですね。 

「男だから」という発言は、性差による役割分担なので慎むべきとされています。 

少しずつ、元気な女性が職場で活躍し始めた時、 

たとえば報告や連絡の際でも「声が小さい」といった注意でも 

言外に「男のくせに・・・」という気持ちがあからさまに含まれていたら 

セクハラになる場合もあります。 

また「イケメンですね~」や「背が高くてかっこいいですね~」というほめ言葉も 

その場にいる他の男性社員が聞いた時に、「僕は言われない・・」となるので 

ルックスに関することは、ほめ言葉でも気を付けて使うようにしたいものです。 

さらに、女性社員に対して、「彼氏はいるの?」などという質問は 

職場では、かなり控えられるようになりましたが、 

男性社員に対しては、「週末はデート?」などと気軽に言ってしまった理がちです。 

◇異性関係の詮索 

◇ボディタッチ  は、女性のしがちな逆セクハラといえるようです。 


女性に対するセクハラの認識は、職場でもかなり広まりましたが 

これからは、男性、女性を問わず、セクハラ対する意識が必要なようです。 



では、今週もお元気でお過ごしください! 




*日経新聞、2月14日 ウーマノミクスに掲載いただきました。 






最後までお読みいただきありがとうございました。 

あの大震災から20年が経ちました!

2015.01.17

おはようございます。 

久保社会保険労務士法人 久保貴美です。 

あの阪神大震災から、20年が経ちました。 

あの日、神戸三宮にあった私の事務所も倒壊しました。 

空襲にでもあったかのような焼け野原とがれきの神戸の街で呆然とし 

「10年後も私は社労士でいるのだろうか?」と 

小学校のコンクリートの廊下に座り込み、奈落の底にいるようでした。 

そんな私を救ってくださったのは、顧問先の社長たちでした。 

私と同様、全壊した会社も多く、全焼したお客様もありましたが 

生きていることを喜び、励ましあい、 

「震災特例給付」と「震災助成」に社労士として必死に走り回ったことを、 

昨日のことのように、今もはっきりと覚えています。 

おかげさまで、震災の時、お腹にいた息子は今年20歳になります。 

この20年、本当に夢中で社労士の仕事をしてきました。 

それができたのも、ご支援いただいたお客様、社長の皆様のおかげです。 

本当にありがとうございます。 

これからも、精一杯、社労士の仕事をさせていただきます。 

今後とも、よろしくお願いいたします。 

「マタハラ」ってご存知ですか?

2014.09.22

おはようございます 

「すっかり秋」のお彼岸になりました。 

夏は天候不良でしたが、この秋は行楽地が賑わってるそうです。 

~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ 

「マタハラ」って、ご存知でしたか? 

「マタニティハラスメント」のことだそうです。 

まあ、なんでもかんでも・・・・とは思いましたが 

これも、ご時世。 

◆妊娠を理由に降格されたのは男女均等法に反するとの女性の訴えに対し 

▼合理的な裁量権の範囲内と経営者は主張。 

女性側敗訴の1、2審判決に対し 

女性が妊娠や出産を理由に解雇や雇い止めを受ける 

「マタニティーハラスメント」への関心が高まる中 

降格が均等法の禁じる不利益処分にあたるかについて 

最高裁が初判断を示す可能性があり、10月23日の判決が注目です。 



私も昭和の女性の立場から言わせていただくと 

「妊娠も出産も根性!」と言いたいところですが 

今時、こんなこと言ったら、鬼ババぁ扱いあつかいされちゃいます。 

社労士の立場から言わせていただきますと 

妊娠、出産で休むのは、職場的には迷惑!なーんていってたら 

復帰後、子育てをしながらの社員は 

子どもの発熱、風邪、ケガ、幼稚園のあつまり。。。などなど 

その後の方が、もっと、もっと、も~~っと休むことを覚悟してください!! 


私はいつも仕事をしているように言われるのですが 

実は、①子供 ②子供 ③も、④も、ずーっと子供が一番です。 

いつも仕事をしているように見てくださるのですが 

我が子のこととなると、仕事なんてずーっと後回しです。 

それで、いいんじゃあないでしょうか? 

だから、楽しく仕事ができるんじゃあないでしょうか? 


これからの職場、労働力を考えると 

絶対に女性の活用ができる企業が大きく伸びると思います。 

私は女性だから、本気で男性経営者に申し上げたいです。 

今までは、男性しかいなかった職場、職種はいっぱいあります。 

でも、これからは、たとえ今までは女性が少なくても、どんどん女性も受け入れ、 

女性の働きやすい職場環境をつくることができる会社が、勝ち残ります。 

ただし、お情けで女性の働く場を与えようとする必要はありません。 

男性のお情けで、下働きだけをさせ、まるで下女のような扱いをすると 

とんでもない反逆にあう世の中になりました。 

そもそも、女性の能力が活用できる仕組みづくりができていなかったことに気づき 

早急に改善すべきは改善し、女性力活用を真剣に取り組むときだと思います。 


◆妊娠を理由に降格を簡単に許していては女性労働者に萎縮効果を与える 

◆降格はプライドを傷つけ、なぜ妊娠したために 
そのような目に遭わなくてはならないのかと苦しんだ   

このような事案が、単なる一人の女子社員の個別の問題と片づけられず 

多くの女性が見守る中で、最高裁判決は、今後の指針となるものです。 



◆妊娠 ◆出産 ◆育児 ◆子育て中 


今までの対応と同じでは、トラブルになることもあるものです。 

経営者さんの社員さんへの愛が、試される問題かもしれません。 

甘すぎてもダメ。ダメ。 

厳しすぎてもダメ。ダメ。 

これからの労務管理上、クリアすべきのセンシティブな問題ですね。 


 
最後まで、お読みいただきありがとうございました。 


今週もお元気でお過ごしください!! 

久保社労士法人ニュース カテゴリ

解雇・残業代・労働組合・配転拒否・能力不足

助成金情報・給与体系・人事制度

会社と上司と職場のメンタルヘルス対策

日本法令情報

久保社労士法人ニュース 最新記事

久保社労士法人ニュース 月別記事

タクシー業界に強い社労士

タクシー業界の助成金、労務管理・相談

タクシー業界の助成金、労務管理・相談はどうぞご相談ください。

Facebook関連

所長久保太郎のFacebook

サービス内容

顧問サービス

就業規則作成・変更

助成金申請

労務管理サポート

給与計算事務

役所対応・労務トラブル

ダウンロードツール

無料様式ダウンロード

経営者様へ

久保社労士法人ニュース

以下のフォームよりご登録いただくと「久保社労士法人ニュース」を配信します。

労務・人事・助成金など経営者、社長に役だつニュースを経営者をサポートする視点でいち早く、わかりやすく、お届けします!

メールアドレス

お名前

会社案内

久保社会保険労務士法人

所長: 久保 太郎
副所長:久保 貴美

〒660-0881
兵庫県尼崎市昭和通2-7-1
ホテルニューアルカイックビル1階

電話: 06-6482-6312
FAX: 06-6487-3960

職場意識改善助成金の取り組み

久保社会保険労務士法人は、職場意識改善助成金の計画に沿った、残業時間短縮と有休取得を実施しています。

詳細・職場意識改善計画はこちら

SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

就業規則で仕組みづくり

メディア掲載

人事労務の問題解決Q&A誌「労務事情」(2012年11月1日号)

人事労務の問題解決Q&A誌「労務事情」(2012年11月1日号)に、所長 久保太郎の記事が掲載されました。

社会保障と税の一体改革~公的年金関連の改正点

SR 第31号

SR 第31号に、副所長 久保貴美の記事が掲載されました。

実践的売上アップ法を公開! 社長の心をつかむ売込み方