久保社労士法人ニュース

トヨタ社員がパワハラ自殺、パワハラ防止義務化への対策は?

2019.11.25

おはようございます。久保社会保険労務士法人 久保です。

11月も今週で終わりとなり、忘年会や年末行事の時期となりましたが、お元気でお過ごしと思います。

さて、先週、「何がパワハラにあたるのか」などを例示したガイドライン案が了承されました。

来年6月からは、「パワーハラスメントを企業に義務付ける法律」が施行されます。パワハラについては、会社だけでなく、役職者のひとり一人が相当な認識を持つ社会になっているはずですがトヨタ自動車の男性社員(当時28)のパワハラによる自殺が、労災認定されました。この事案はあまりに残酷で、記事を読むだけの私たちでも、信じがたく、取り返しのつかない無念さを感じます。

以下、朝日新聞のネットニュースから抜粋しお伝えさせていただきます。

*********************************************************

遺族側代理人の弁護士によると、

男性は東京大大学院を修了して、15年4月に入社。1年間の研修期間を経て、16年3月に同市の本社に配属された。上司から翌月以降、繰り返し「バカ、アホ」「こんな説明ができないなら死んだ方がいい」などと言われたほか、個室に呼び出されて「録音してないだろうな。携帯電話を出せ」などと詰め寄られたこともあったという。

男性は16年6月ごろ精神疾患を発症し、同7月から3カ月間休職。復帰後は別のグループの所属になったものの、同じフロアにこの上司の席があったという。男性は翌年7月、「死んで楽になりたい」「もう精神あかんわ」などと周囲に漏らすようになり、同10月、社員寮の自室で自殺した。

遺族は立野弁護士を通じ「息子はたくさんの希望をもってトヨタに入社した。それが上司からの苛烈(かれつ)な暴言で歯車が狂い、帰らぬ人になりました」「会社のパワハラを放置するような対応がさらに息子を苦しめたのではないか。

■トヨタの調査や男性の手帳などから判明したパワハラ行為

・日常的に「バカ、アホ」と言われる

・「なめてんのか、やる気ないの」「こんな説明ができないなら死んだ方がいい」などと叱責(しっせき)される

・東京大大学院を修了した男性に対し「学歴ロンダリングだからこんなこともわからないんや」と言われる

・個室に呼び出されて「俺の発言を録音していないだろうな。携帯電話を出せ」などと詰め寄られる

********************************************************************

今の社会の中で、こんな信じがたい事案が発生したら、パワハラは許さないとしかいいようがないです。ガイドラインでは、身体的、精神的な攻撃、過大な要求など6つの類型をあげ、どのような行動がパワハラにあたるか、

一方、

◇業務の内容や性質等に照らして、重大な問題行動を行った労働者に対し一定程度強く注意すること、や

◇繁忙期に、通常時よりも一定程度の多い業務の処理を任せることはパワハラにあたらないとしました。

とはいえ、なんでもかんでも、『パワハラ~』と言われかねない状況です。社会の働くことへの認識が、どんどん変わっています。

残念ながら、経営者や管理職者の目線ではなく、圧倒的に労働者よりなように感じます。

たとえば、たびたび遅刻をしてくる社員さんがいたとしたら昔なら「何、考えてるんだ~!」「たるんでるぞ~!」などと言われたかもしれませんがこれからは、「どうしたの~?」「困っちゃうよ~」「ガンバって早起きしようね~」なーんてニコニコとやさしくお話しするよう心がけなければならないと思います。

そんなことで、会社が経営できるか!!と思ってはいけないのです。では、経営者としてできることは何か?

◆◇パワハラといわれないルール作りをすること◇◆です。

給与や賞与は、社員さんのがんばりに応じた給与にすること。「がんばってます!」といわれても、「頑張るのは当たり前!」と言いたくなります。その社員さんのがんばってくれた積み重ねが、成果になり、スキルアップになり、信頼になっているか?がんばっている方には、しっかり冬のボーナスをお支払いし、昇給もしてあげればいいです。

でも、そうでない方には、ちゃんとマイナス評価をし、ボーナスを下げるとか、降給することをきちんとルール化し、社員さんにも説明し、理解をしておいてもらうことです。

ボーナスや給与の支給についての基準を、評価とむすびつけておくことです。給与規定や評価基準の見直しをしましょう。

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ *

さて、見直せば見直すほど、課題が湧きあがってくる同一労働同一賃金について

今日は「定年退職後の再雇用者の給与」について、お伝えしたいと思います。

【「正社員」と「定年後再雇用された嘱託社員(有期雇用)」の待遇の格差の合理性について】
まず2018年6月に判決が出た最高裁の裁判「長澤運輸事件」があります。これは、定年後再雇用の有期契約労働者が、基本給や賞与が下がったことを不当と争われた事案ですが「定年後再雇用において基本給や賞与で差が出るのは仕方ない部分もある」という最高裁判決が出ました。

【格差が「不合理」とされたもの】・・・・労務の対価としての性格が強いもの
1.精勤手当
2.超勤手当

【格差が「不合理ではない」とされたもの】・・・生活費の補填的な意味合いが強いもの
1.能率給及び職務給(老齢厚生年金の支給を受けることが予定されているため)
2.役付手当(正社員の中から指定された役付者であることに対して支給されるものであるため)
3.住宅手当、家族手当
(従業員に対する福利厚生及び生活保障の趣旨であるため老齢厚生年金受給があれば不合理ではない)
4.賞与(退職金の支給を受けていること、老齢厚生年金の支給を受けることが予定されているため)

【2020年4月、法改正で同一賃金同一労働はどうなる?】
さらに、ポイントとなるのが2020年4月に法改正があることです。パートタイム・有期雇用労働法が施行され、正社員と比べて弱い立場の人を保護する法案が施行されます。

「正社員だから優遇される」という考え方を失くしていかなければなりません。これを機に、新しい時代の働き方や人事制度を取り入れるチャンスが来ていると思います。

この他にも、多くの検討課題があるのが、同一労働同一賃金にかかわる「パートタイム・有期雇用労働法」と「労働者派遣法」の改正です。

来年2020年4月1日から、同一労働同一賃金の考え方、つまり同じ労働に従事する労働者にはその雇用形態にかかわらず同じ賃金を支給することが原則となります。

検討しなければならない課題や、今までの概念を切り替えないといけない課題がたくさんあり、「職務内容」や「配置の変更範囲」が同一である場合には、均等待遇を確保することが義務化されます。

****************************************************************

弊社の営業時間を、午前9時~午後4時45分に変更させていただきました。

ご迷惑をおかけすることもあると思いますが、ご理解ご協力いただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

久保社労士法人ニュース カテゴリ

解雇・残業代・労働組合・配転拒否・能力不足

助成金情報・給与体系・人事制度

会社と上司と職場のメンタルヘルス対策

日本法令情報

久保社労士法人ニュース 最新記事

久保社労士法人ニュース 月別記事

タクシー業界に強い社労士

タクシー業界の助成金、労務管理・相談

タクシー業界の助成金、労務管理・相談はどうぞご相談ください。
※東京K2パートナーズはコンサルティング業務を実施し、社労士業務は久保社労士法人が担当いたします

Facebook関連

サービス内容

顧問サービス

就業規則作成・変更

助成金申請

労務管理サポート

給与計算事務

役所対応・労務トラブル

ダウンロードツール

無料様式ダウンロード

経営者様へ

久保社労士法人ニュース

以下のフォームよりご登録いただくと「久保社労士法人ニュース」を配信します。

労務・人事・助成金など経営者、社長に役だつニュースを経営者をサポートする視点でいち早く、わかりやすく、お届けします!

メールアドレス

お名前

会社案内

久保社会保険労務士法人

所長: 久保 貴美
副所長:由田恵介

【本社】
〒660-0881
兵庫県尼崎市昭和通2-7-1
ホテルニューアルカイックビル1階

電話: 06-6482-6312
FAX: 06-6487-3960

【東京K2パートナーズ(株)】
〒104-0043 
東京都中央区湊2-15-14-2708

電話:03-4296-4859 
FAX: 03-6313-6568

 

職場意識改善助成金の取り組み

久保社会保険労務士法人は、職場意識改善助成金の計画に沿った、残業時間短縮と有休取得を実施しています。

詳細・職場意識改善計画はこちら

SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

就業規則で仕組みづくり

メディア掲載

人事労務の問題解決Q&A誌「労務事情」(2012年11月1日号)

人事労務の問題解決Q&A誌「労務事情」(2012年11月1日号)に、所長 久保太郎の記事が掲載されました。

社会保障と税の一体改革~公的年金関連の改正点

SR 第31号

SR 第31号に、副所長 久保貴美の記事が掲載されました。

実践的売上アップ法を公開! 社長の心をつかむ売込み方