久保社労士法人ニュース

65歳超雇用推進助成金がでました!

2016.11.04

おはようございます。 

久保社会保険労務士法人 久保貴美です。 

11月に入り、セーターやコートが欲しくなり始めました。 


ようやく詳細がでました「65歳超 雇用推進助成金!」のご案内です。 

★66歳以上定年、または廃止 ⇒ 助成額120万円 

★65歳定年にすると ⇒ 助成額100万円 

他にも、希望者全員を70歳まで継続雇用すると⇒80万円 

希望者全員を66~69歳まで継続雇用すると⇒60万円 



この新設助成金は、10月19日以降に制度導入した場合が対象です。 

また、定年引上げの実施に対し、我々社労士など 

専門家への委託費等の経費の支出があることが、支給要件の一つになっています。 

私にとっては、「わ~い!わ~い!」な支給要件です。 


今のそれぞれのお会社の状況を見直し、 

定年を60歳から65歳や66歳以上に引き上げてもいいとか 

もう、定年なんてないも同然だから、廃止してしまおうというお会社様なら 

ぜひ、この新設助成金の申請をしていただければと思います。 


ご相談は、すぐすぐ、お気軽に久保社会保険労務士法人まで。 

電話(06)6482-6312 

このメールにご返送いただけば、私から必ず、ご返事させていただきます。 




~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~ * ~ *  


受給のための主な要件は以下のとおりです。ただし、1事業主1回限りの支給です。 
 
(1)平成28年10月19日以降において、労働協約又は就業規則による、 
次の[1]~[3]のいずれかに該当する制度を実施したこと。 
[1] 65歳以上への定年引上げ 
[2] 定年の定めの廃止 
[3] 希望者全員を66歳以上の年齢まで雇用する継続雇用制度の導入 
(2)(1)の制度を規定した際に経費を要したこと。 
(3)(1)の制度を規定した労働協約又は就業規則を整備していること。 
(4)(1)の制度の実施日から起算して1年前の日から支給申請日までの間に、 
高年齢者雇用安定法第8条又は第9条第1項の規定に違反していないこと。 
(5)支給申請日の前日において、当該事業主に1年以上継続して雇用されている 
60歳以上の雇用保険被保険者が1人以上いること。 






最後まで、お読みいただきありがとうございました。 

  
今週も、お元気でお過ごしください。 

久保社労士法人ニュース カテゴリ

解雇・残業代・労働組合・配転拒否・能力不足

助成金情報・給与体系・人事制度

会社と上司と職場のメンタルヘルス対策

日本法令情報

久保社労士法人ニュース 最新記事

久保社労士法人ニュース 月別記事

タクシー業界に強い社労士

タクシー業界の助成金、労務管理・相談

タクシー業界の助成金、労務管理・相談はどうぞご相談ください。

Facebook関連

所長久保太郎のFacebook

サービス内容

顧問サービス

就業規則作成・変更

助成金申請

労務管理サポート

給与計算事務

役所対応・労務トラブル

ダウンロードツール

無料様式ダウンロード

経営者様へ

久保社労士法人ニュース

以下のフォームよりご登録いただくと「久保社労士法人ニュース」を配信します。

労務・人事・助成金など経営者、社長に役だつニュースを経営者をサポートする視点でいち早く、わかりやすく、お届けします!

メールアドレス

お名前

会社案内

久保社会保険労務士法人

所長: 久保 太郎
副所長:久保 貴美

【本社】
〒660-0881
兵庫県尼崎市昭和通2-7-1
ホテルニューアルカイックビル1階

電話: 06-6482-6312
FAX: 06-6487-3960

【東京支社】
〒134-0091
東京都江戸川区船堀3-5-6-906

電話:03-5628-5337

職場意識改善助成金の取り組み

久保社会保険労務士法人は、職場意識改善助成金の計画に沿った、残業時間短縮と有休取得を実施しています。

詳細・職場意識改善計画はこちら

SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

就業規則で仕組みづくり

メディア掲載

人事労務の問題解決Q&A誌「労務事情」(2012年11月1日号)

人事労務の問題解決Q&A誌「労務事情」(2012年11月1日号)に、所長 久保太郎の記事が掲載されました。

社会保障と税の一体改革~公的年金関連の改正点

SR 第31号

SR 第31号に、副所長 久保貴美の記事が掲載されました。

実践的売上アップ法を公開! 社長の心をつかむ売込み方