久保社労士法人ニュース

外国人実習制度と低賃金のこと

2010.08.01

おはようございます 久保社労士法人 久保貴美です。

今、今年の最低賃金の着地点に向けての議論が難航していると新聞で見ました。

最低賃金800円と言い続けてきた民主党政権にとって 初めての改定ですから

なおさら 注目があつまりますよね。

ところで、最低賃金より もっと低い時給で仕事をしているのが外国人実習制度です

現在の制度は、日本の進んだ技能や技術を習得し、

本国の産業発展の担い手となってもらおうと、1989年に設けられた制度です。

繊維や機械・金属、食料品、建設、農業、漁業などの分野で最長3年間、

毎年5万~7万人規模で外国の若者を受け入れています。

企業が単独で現地法人などの社員を受け入れる方式と、

中小企業団体や農業団体が受け入れ団体となり、

傘下の企業や農家で実習する団体監理型があるが、

圧倒的に問題が多いのは団体管理方式です。

法改正の国会審議でも、長時間労働や時給500円程度の低賃金に加え、

「本国の送り出し機関に高額の違約金などを取られるため途中で辞められない」

「金もうけが目的の単純労働者が大半だ」といった現状が指摘された。

全国の労基署が実習生の労働条件について指導した件数も、2008年は2612件に上った。

国際貢献の理念とは、あまりに遠いと指摘されています。

要は日本人の働き手が見つからない業界が、

外国人を安く 体よく使ってきた実態がみえることがあります。

そこで法改正では、2年目からだった労働基準法や最低賃金法の適用を1年目からとし

受け入れ団体の傘下企業などに対する指導や監督の強化も盛り込まれました。

企業の倒産などで途中で帰国する実習生も多い。

最低限、健全経営でない企業には受け入れを禁じるよう措置すべきだったといわれています。

実習制度は、外国人の単純労働者を受け入れる抜け道になっているともいわれ

今後の外国人労働者の受け入れはどうあるべきかを見ていきたいですね。

 

久保社労士法人ニュース カテゴリ

解雇・残業代・労働組合・配転拒否・能力不足

助成金情報・給与体系・人事制度

会社と上司と職場のメンタルヘルス対策

日本法令情報

久保社労士法人ニュース 最新記事

久保社労士法人ニュース 月別記事

タクシー業界に強い社労士

タクシー業界の助成金、労務管理・相談

タクシー業界の助成金、労務管理・相談はどうぞご相談ください。

Facebook関連

所長久保太郎のFacebook

サービス内容

顧問サービス

就業規則作成・変更

助成金申請

労務管理サポート

給与計算事務

役所対応・労務トラブル

ダウンロードツール

無料様式ダウンロード

経営者様へ

久保社労士法人ニュース

以下のフォームよりご登録いただくと「久保社労士法人ニュース」を配信します。

労務・人事・助成金など経営者、社長に役だつニュースを経営者をサポートする視点でいち早く、わかりやすく、お届けします!

メールアドレス

お名前

会社案内

久保社会保険労務士法人

所長: 久保 太郎
副所長:久保 貴美

〒660-0881
兵庫県尼崎市昭和通2-7-1
ホテルニューアルカイックビル1階

電話: 06-6482-6312
FAX: 06-6487-3960

職場意識改善助成金の取り組み

久保社会保険労務士法人は、職場意識改善助成金の計画に沿った、残業時間短縮と有休取得を実施しています。

詳細・職場意識改善計画はこちら

SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

就業規則で仕組みづくり

メディア掲載

人事労務の問題解決Q&A誌「労務事情」(2012年11月1日号)

人事労務の問題解決Q&A誌「労務事情」(2012年11月1日号)に、所長 久保太郎の記事が掲載されました。

社会保障と税の一体改革~公的年金関連の改正点

SR 第31号

SR 第31号に、副所長 久保貴美の記事が掲載されました。

実践的売上アップ法を公開! 社長の心をつかむ売込み方