久保社労士法人ニュース

仕事の覚えが悪く試用期間中にやめさせたい

2012.04.03

A 試用期間中、何も指導せず会社としての責務を果たしていない場合は、解雇権の濫用として無効になる可能性があります。

 

問題となることが多いのは、勤務態度が悪いとか成績が不良、能力不足などですが、それらが「客観的・合理的な理由が存し、社会通念上相当として是認されうる場合」かどうかを判断しなければなりません。

勤務態度が悪かったとしても、入社以来一度も注意も指導もせず、試用期間満了のときにいきなり本採用拒否はだまし討ちに近いやり方です。訴えられたら負ける可能性大です。

仕事の覚えが悪いのでやめてもらいたい、は可能ですし、問題の芽は早いうちに取り除くことがリスク回避に繋がりますが、仕事の覚えが悪いのであれば再三注意・指導(できれば書面で)し、それでも改まらない場合に本採用拒否を行うという手順が重要です。

 

 そもそも試用期間とは法律的には、労働基準法上の平均賃金の計算とか解雇予告手当に関連する「試みの使用期間」という文言があるだけで、その定義や効力を規定した定めはありません。

それだけに試用期間を設けるのかどうか、設けるとしてどの程度の期間とするのか、本採用を拒否する場合どのような事由を掲げるのかは会社又は労使で決めることが必要になります。

 

判例 三菱樹脂事件 最高裁S48.12.12

[判決要旨]

 ①本件本採用の拒否は、留保解約権の行使、すなわち雇い入れ後における解雇に当たる。

 ②留保解約権に基づく解雇は、通常の解雇より広い範囲で解雇の自由が認められてしかるべきである。

 ③しかし、この留保解約権の行使は、客観的・合理的な理由が存し、社会通念上相当として是認されうる場合でなければならない。

 (この③の趣旨が後の労働契約法第16条に生かされています。)

 

 

久保社労士法人ニュース カテゴリ

解雇・残業代・労働組合・配転拒否・能力不足

助成金情報・給与体系・人事制度

会社と上司と職場のメンタルヘルス対策

日本法令情報

久保社労士法人ニュース 最新記事

久保社労士法人ニュース 月別記事

タクシー業界に強い社労士

タクシー業界の助成金、労務管理・相談

タクシー業界の助成金、労務管理・相談はどうぞご相談ください。

Facebook関連

所長久保太郎のFacebook

サービス内容

顧問サービス

就業規則作成・変更

助成金申請

労務管理サポート

給与計算事務

役所対応・労務トラブル

ダウンロードツール

無料様式ダウンロード

経営者様へ

久保社労士法人ニュース

以下のフォームよりご登録いただくと「久保社労士法人ニュース」を配信します。

労務・人事・助成金など経営者、社長に役だつニュースを経営者をサポートする視点でいち早く、わかりやすく、お届けします!

メールアドレス

お名前

会社案内

久保社会保険労務士法人

所長: 久保 太郎
副所長:久保 貴美

【本社】
〒660-0881
兵庫県尼崎市昭和通2-7-1
ホテルニューアルカイックビル1階

電話: 06-6482-6312
FAX: 06-6487-3960

【東京支社】
〒134-0091
東京都江戸川区船堀3-5-6-906

電話:03-5628-5337

職場意識改善助成金の取り組み

久保社会保険労務士法人は、職場意識改善助成金の計画に沿った、残業時間短縮と有休取得を実施しています。

詳細・職場意識改善計画はこちら

SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

就業規則で仕組みづくり

メディア掲載

人事労務の問題解決Q&A誌「労務事情」(2012年11月1日号)

人事労務の問題解決Q&A誌「労務事情」(2012年11月1日号)に、所長 久保太郎の記事が掲載されました。

社会保障と税の一体改革~公的年金関連の改正点

SR 第31号

SR 第31号に、副所長 久保貴美の記事が掲載されました。

実践的売上アップ法を公開! 社長の心をつかむ売込み方